韓非子

中国の古典ばかり集めてみました。三国志から水滸伝・・・司馬遷・・・色々。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

西遊記〈4〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ふたたび師弟みなみな心をひとつに西方をめざす。平頂山蓮花洞の金角・銀角は、その肉を食らえば不老長寿はまちがいなしという三蔵を狙って策をめぐらす。まんまと須弥山、峨眉山、泰山の下敷きとなった悟空は師匠を案じ、こぼれる涙は滝のよう。改版。

水滸伝〈5〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
財をうとんじ義を尊ぶ。梁山泊に集う好漢たちは、時に残酷に過ぎたり、行動が過激に走ったりしても、その精神を忘れず活躍する。宋公明を中心に勢いを増す梁山泊に遂に百八人の好漢が一堂に会する壮観な勢揃いの回を収録する第5巻。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
駒田 信二
1914‐1994年。三重県生まれ。作家、文芸評論家、中国文学者。長年、早稲田大学客員教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

世説新語(下) 新釈漢文大系 (-)

内容(「BOOK」データベースより)
この巻には、上・中巻につづいて、容止以下最後の仇隙に至る23篇を収めた。

完訳 水滸伝〈2〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
蔡太閤の誕生祝いの金銀珠玉を奪ったことがばれ,中央から腕利きの警吏が盗賊探索のため人数を引き連れてやってきた.幸い,その応対をした地方官の1人が宋江,晁蓋とは親しい仲.危険を知らされた晁蓋・呉用・公孫勝らは難を避け,追っ手の官軍を思うがままに翻弄しつつ梁山泊に逃れる.(巻の12-巻の22)

内容(「BOOK」データベースより)
蔡太閤の誕生祝いの金銀珠玉を奪ったことがばれ、腕利きの警吏が人数を引き連れてやってきた。幸い、その応対をした地方官が宋江。危険を知らされた晁蓋・呉用・公孫勝らは難を避け、追っ手の官軍を思うままに翻弄しつつ梁山泊に向かう。巻の十二から巻の二十二を訳した。

『西遊記』の神話学―孫悟空の謎 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
孫悟空はギリシア神話の英雄・豪男ヘーラクレースの一族、観世音菩薩は同じく知恵の神女アテーナーの姉妹である。『西遊記』はユーラシア大陸の神話をひろく吸収して成立した一大神話的ドラマである。現代の比較神話学の力を借りて分析すると、三機能・死と再生など『西遊記』の深層に隠されていた神話的モティーフが次々と明らかにされる。元・明の間という時代に、なぜこうした物語が成立したのか。中国史にも謎を投げかける。

水滸伝の世界 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
豪傑108人が痛快にあばれまわるものがたり、水滸伝。梁山泊の総大将がなんとも情けない男なのはなぜか。英雄は色を好むのか。みごとに描きわけられた殺人のタイプとは。さまざまな顔をもつ女傑の魅力は―。水滸伝のおもしろさ、それをめぐることがらの広さと深さへ誘う、希代の本読みによる案内書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
高島 俊男
1937年、兵庫県相生うまれ。東京大学大学院修了。専攻中国文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

西遊記〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
七世紀の玄奘三蔵による仏教経典取得の旅行記『大唐西域記』から生まれ、その後民間で発達した説話を、明代になってまとめた中国四大奇書の一つ。第1巻は、悟空の誕生から、天宮で傍若無人に振舞うさまを描く。各冊十回ずつを収録。

人生を変える「史記」の読み方―司馬遷の不屈の志に学ぶ (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
怒り、怨み、徳、侠、交友、君臣のあり方、因果律、帝王学…『史記』には人間のあらゆる姿が描かれている。人間を知るための最良の古典、『史記』の世界を味わおう。

内容(「MARC」データベースより)
人間を知るための最良の古典、「史記」の世界を味わおう! 怒り、怨み、徳、侠、交友、君臣のあり方、因果律、帝王学…。人間のあらゆる姿が描かれている「史記」について解説する。

完訳 水滸伝〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
武芸十八般の達人や妖術使いら108人愛すべき豪傑たちのとんでもない武勇譚。

古文真宝 (新書)

出版社からの内容紹介
元以前の詩と文を集めたのが『古文真宝』である。ここでは文を中心に編んだ。原文の読みどころに、書き下し文と解説・背景を加えた。


内容(「BOOK」データベースより)
元以前の詩と文の名作を集めたのが『古文真宝』である。わが国では、特に文が五山の僧侶を中心に読まれ、江戸時代には『唐詩選』とともに必読書となった。『奥の細道』の冒頭「月日は百代の過客にして」は、李白の「春夜桃李の園に宴するの序」の影響下に生まれ、庭園「後楽園」は「岳陽楼の記」の「先憂後楽」に基づく。重要なテキストだったことが窺い知れる。本書では文を中心に編んだ。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [美容外科] [高収入バイト情報] [アキバ中毒のページ] [東京ぶらぶら] [電子たばこ] [GOGO!江戸川区!] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [ハロー!江東区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ]
[司馬遼太郎〜歴史・時代小説] [ロマンスの蝶番]

ooo渋谷ぶらりooo ジューシーな肉料理ooo リネージュIIクロニクル2ooo GOGO!江戸川区!ooo 新聞を読もう!ooo 巣鴨で散策!ooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 100均より安いooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 千葉の道の駅ooo 住宅ローンのことooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo ハロー!江東区!ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo ぎょうざ@千葉ooo 鶯谷・うぐいすだにooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 千葉とんかつooo 千葉のトピックス!ちばとぴっ!ooo