韓非子

中国の古典ばかり集めてみました。三国志から水滸伝・・・司馬遷・・・色々。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

一冊で読む!三国誌―黄巾の乱から呉の滅亡まで一気読み! (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
乱世を貫いた曹操の非常の才、父子三代の志と人材を背負った孫権の処世術、悲壮な信念ひとつで国を興した劉備の器―数多の英雄たちの興亡のドラマから、波乱の時代を生き抜く智恵が見えてくる!黄巾の乱から晋による中国統一まで、英傑百年の夢を一気に見渡す、三国志の決定版登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
寺尾 善雄
1923年岡山県生まれ。東京外国語学校(現東京外国語大学)中国語部文学科卒業。岡山日々新聞社、サンケイ新聞社をへた後、著述業に専念した。1988年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

五雑組〈4〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
中国、明代の随筆集。豊富な話題を柔軟な批評眼で取り上げ、日本でも広く愛読された名著。本巻は書画・宗教、交友論・女性論など人間の営みを書き記した人部下巻を収める。

韓非子〈第4冊〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
『韓非子』の中には、韓非自身が書いたのではないものもあるが、自作とみられる諸篇は、巧みな比喩に富み、抑揚の多い論理的な説得力のある堂々たる大文章である。本冊には、「五蠧」篇など自作とみられる諸篇を含む一六篇を収録。

紅楼夢〈9〉 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
科挙にそなえるため、父の厳命によって再び家塾に通う宝玉。黛玉の病状は依然、楽観を許さず、薛蟠は殺人の廉により捕えられる。大観園に吹く風は侘しい。

内容(「MARC」データベースより)
科挙にそなえるため、父の厳命によって再び家塾に通う宝玉。黛玉の病状は依然、楽観を許さず、薛蟠は殺人の廉により捕らえられる。大観園に吹く風は侘しい。別人の筆とされる第81~90回までを収録。〈ソフトカバー〉

史記〈上〉春秋戦国篇 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
「人類の史官」司馬遷が彫琢した普遍の人間像。管仲、晏子、伍子胥、始皇帝が躍動する。

内容(「MARC」データベースより)
「人類の史官」司馬遷が彫琢した普遍の人間像、管仲・晏子・伍子胥・始皇帝が躍動する。歴史を描いた書物でありながらフィクションを越えたおもしろさをもつ「史記」を紹介する。78年刊の再刊。〈ソフトカバー〉

唐宋伝奇集〈下〉杜子春他39篇 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
この『唐宋伝奇集』は、中国でいう「古小説」のうち、唐、宋の、いわゆる「伝奇」(伝奇物語)から選択して翻訳し、注をつけたものである。この下巻には、唐代中期から唐代末期、五代を経て宋代までの代表的な作品を選んだ。

司馬遷―史記の世界 (文庫)

メタローグ
武田泰淳(1912―76)は竹内好の盟友だった。本書も『魯迅』と同じ叢書の一冊として書かれた。それが共に2人の代表作となるところに、文学創造と時代との深い関係が浮かび上がる。今回選んだ本の多くに、戦争の影が色濃く射しているのも、なにがしかの理由があろう。戦争と言えば、本書が取り上げる史記の作者も、戦乱の世を生きた。宮刑という男子として究極の辱めを受けながらも人間の歴史を書き続け、したたかに生き抜いた男の姿は、愛する中国との戦闘にかり出され、やがて転向の屈辱を味わった作者の自画像とも重なり合う。「忍び得ぬ悲しみをもって世界全体を見守った」のは、泰淳その人でもあった。(宮川匡司)
『ことし読む本いち押しガイド2000』 Copyright© メタローグ. All rights reserved.


内容(「BOOK」データベースより)
「司馬遷は生き恥さらした男である。」に始まる本書は、武田泰淳の中国体験もふまえた戦中の苦渋の結晶であり、それまでの日本的叙情による歴史から離れて、新たな歴史認識を展開した。世界は個々人の集合であり、個の存在の持続、そして、そこからの記録が広大な宇宙的世界像と通底する。第一篇「司馬遷伝」、第二篇「史記」の世界構想。

精選 新釈菜根譚―人生はくよくよしないほうがいい (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
中国古典『菜根譚』の名言を精選し、ビジネスマン向けに解説。長引く不況の中でついついくじけてしまう中高年サラリーマン必読の書。
厳しい平成不況はいっこうに終わりを見せようとしない。そんななかで、明日が見えない中高年サラリーマンが続出している。しかし彼らは、それでも愛する会社のことを考え、変革するまでの大きなことはできないけれども、せめて所属部署の風土・人間関係を良好なものにしていきたいと考えている。本書は、そうした良心的な中高年サラリーマンのための「座右の書」となる本である。人生処世術の書として名高い中国古典『菜根譚』は、読み手の境遇に応じて教訓が得られるという、その不思議な魅力ゆえに、江戸時代より広く庶民に読みつがれてきた。この中国古典の名言名句を精選し、著者が現代人向けにすべて解説。厳しい現実の中で苦闘している人は、適切な助言を見出すであろうし、不遇な状態に苦しんでいる人は、なぐさめと励ましを受けるであろうし、心のイライラに悩まされている人は、大いなる安らぎを与えられるだろう。人生はくよくよしないほうがいいのだ。



内容(「BOOK」データベースより)
儒教・仏教・道教の教えを融合した中国古典『菜根譚』。読み手の境遇に応じた教訓が得られるという、その不思議な魅力ゆえに、江戸時代より広く静かに読みつがれてきた。この中国古典の名言名句を精選し解説。

詩経 (新書)

出版社からの内容紹介
『詩経』は殷から春秋時代までの詩・歌謡三百余篇を採録。中国最古の韻文集として当時の民族・風習を伝える資料ともなっている。原文の読みどころに、書き下し文と解説・背景を加えた。


内容(「BOOK」データベースより)
殷から春秋時代までの詩・歌謡三百余篇を採録した『詩経』は、民謡・宴会の歌・戦いの歌・祭りの歌などを扱っている。喜びにつけ悲しみにつけ、素朴な表現の中に新鮮な感動が力強く表現された作品が多く、また中国最古の韻文集として当時の民族・風習を伝える資料ともなっているものである。

蒙求 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
唐の李瀚が子供たちのために五九六句からなる歴史教訓歌を作ったが、これをもとに宋の徐子光が補注を加えるなどしてまとめたものが『蒙求』である。主要な漢籍に散見される故事成句は、ほとんどこの一書に盛られており、著名な人物の言行を取り上げている。多様な人間模様を描き、そこに見出される教訓は、現代社会にも通じる人生訓となっている。

内容(「MARC」データベースより)
「新釈漢文大系」を底本にして、よりわかりやすくコンパクトな形に編集したシリーズ。日本においても古来親しまれてきた故事逸話集「蒙求」から90句を取り上げ、書き下し文と解釈、背景を紹介する。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [美容外科] [高収入バイト情報] [アキバ中毒のページ] [東京ぶらぶら] [電子たばこ] [GOGO!江戸川区!] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [ハロー!江東区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ]

ooo文の京!文京区!ooo 巣鴨で散策!ooo 千葉のトピックス!ちばとぴっ!ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 新型インフルエンザマスクooo ショッピング 検索ooo 豆千葉ドットコムooo ネット証券比較っすooo うまい米@千葉ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo 使えるフリーメール比較ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo AV・カメラ・PCooo パソコン.コレクションooo 千葉の水のおはなし.COMooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo デジモク-DIGIMOKU-ooo 台東紀行ooo あまーい千葉スイーツタワーooo